Tag Archive for Mac

【2】肌の部分を描画(モノクロで描画⇒カラー変換)/1

リアル画の描き方の続き。
【1】下絵の描き方(アナログ下絵からデジタルの下絵まで)の続き、【2】肌の部分を描画(モノクロで描画⇒カラー変換)

 

shitae_step06

下絵のバックアップを取ったら元のデータを開き直し、下絵を削除して新規レイヤーを追加します。この時、モードは『グレースケール』です。
カラーでスキャンした場合は、メニューバーの【イメージ】→【モード】→【グレースケール】に変更します。
次にパスパレットの「輪郭」パスを選択して表示させます。その状態で、パレット下部にある『選択範囲作成』アイコンを、キーボードの『option』キーを押しながらクリックします。
または、キーボードの『コマンドキー』を押しながら、パレット上の「輪郭」パスをクリックします。

 

shitae_step07

キーボードの『option』キーを押しながらクリックした場合は、上記画像下部の『選択範囲を作成』のダイアログが表示されるので、境界にある『ぼかしの半径:1pixel』にし『OK』を選択します。
また、キーボードの『コマンドキー』を押しながらパレット上の「輪郭」をクリックした場合は、メニューバーにある【選択範囲】→【境界をぼかす(コマンド+option+D )】を選択します。
『境界線をぼかす』のダイアログが表示されるので、『半径:1pixel』にし『OK』を選択します。
この様に1pixelだけボカシておけば境界線の不自然さは無くなります。
※ただし、あまりに小さいオブジェクトで低解像度の場合は、1pixelでもボケ過ぎる事があるので注意します。

 

shitae_step08

輪郭の選択範囲がアクティブになっている状態で、ツールパレットの『グラデーションツール』を選び、ツールオプションバー内の『円形グラデーション』を選択します。この時、描画色を白、背景色を黒にします。
次に原稿を見て、輪郭の中で一番光の当たっている明るい場所を選び、ポインタを外側に向かってドラッグして、上記画像の様にグラデーションを描画します。
この要領で、露出している肌の部分を全て描画していきます。

 

shitae_step09

上記画像は、肌の部分を全て描画したものです。
レイヤーの順は、上から「輪郭」→「体」→「体2」→「首」→「レイヤー1」になってます。この状態で、「レイヤー1」以外の全てのレイヤーの透明部分を保護し描画出来なくします。
レイヤーを一つずつ選択し、パレット上部の『ロック:透明ピクセルをロックアイコン』をクリックしロックします。(レイヤー右側に『カギアイコン』が表示されます)
※輪郭を描画する時に上記画像の様に目を切抜きますが、切抜くのはちょいと恐いと思う方は、レイヤーマスクを使用すれば切抜いていない状態に戻せます。

 

shitae_step10

さて、ようやく『ブラシツール』を使用して描画していきますが、私は描画し易い様に、上記画像の様に髪の毛や口・眉毛・服等をアタリとして新規レイヤーに描画しておきます。(パスで描画したパーツを選択範囲として読み込み、適当に塗りつぶしたものです)
この状態で、輪郭部分の一番色の濃度が濃い部分をツールパレットの『スポイトツール』でクリックし、その色が描画色に表示されたら描画色を設定をクリックします。

 

shitae_step11

『カラーピッカー』のダイアログが表示されるので、『スポイトツール』で選択した色よりも少し濃い設定にし、『OK』を選択します。
上記画像の『OK』の少し左下、赤枠内の表示部分を見ると少し色が濃くなっています。この要領で、色の濃度は描画していきながら徐々に濃くしていきます。

 

shitae_step12

輪郭レイヤーを選択している状態で、ツールパレットにある『ブラシツール』を選び、ツールオプションバー内の『ブラシプリセットピッカー』でボケ足の出来るブラシを選択、また流量右横にある『エアブラシ機能を有効化アイコン』をクリックし有効化します。
マウスで描画する場合は、ペンタブに比べ微妙な筆圧の調整が難しいと思うので、同じツールオプションバー内にある『不透明度』と『流量』の数値を微妙に変更しながら描画していきます。ここでは、不透明度が『30%』、流量が『5%』と設定しています。

 

shitae_step13

ここから、『エアブラシ』等で影などの濃淡を付けながら地道に描画して行くんですが、私の場合はあらかじめパスで大まかな影の位置をアタリとして描画しています。こうすれば、描く前に一々影の位置等を迷う事無く描画して行く事が出来て手っ取り早いです。

 

次は、【2】肌の部分を描画(モノクロで描画⇒カラー変換)/2へ
【1】下絵の描き方(アナログ下絵からデジタルの下絵まで)に戻る


【1】下絵の描き方(アナログ下絵からデジタルの下絵まで)

かなり昔サイトを運営していた時のフォトショ7でのリアル画の描き方です。
フォトショCSでもフォトショ7での描き方とあまり変わりません。(ただフィルター等のメニューは違う場所にあるかもしれません)

ここに記載しているマウスでのリアル画の描き方は、これまで適当にソフトを触ったり、またはCGの本を見たりしながら覚えた機能を使用したものであり、如何にソフトの機能を使用して効率良く仕上げるか?を基準に作業しています。

 

shitae_step01

今回は、このアシャンティを描く事にしました。
先ず描きたい被写体のコピーを用意し、その上から上記画像の様に升目を書きます。
更に被写体のコピーで描いたのと同じ大きさの升目を白紙に書いていきます。
この方法で描画して行けば、初心者の方でもバランス等を気にせずに描けます。
…と言っても、ココまで細かく升目を入れると逆に描きにくいかもしれません。
一応、見本なんで何時もよりはかなり細かく入れたんすが、私はかなり描きにくかった。(汗)

 

shitae_step02

上記の要領で描画したのをスキャンしたのが上記画像です。
見て頂ければ分かりますが、別に下書きの段階ではきっちり描かなくても大丈夫です。
ソフト上で、『パスツール』を使用しパーツ事に修正しながら細部を調整するので下絵は大まかで良いと思います。

 

shitae_step03

次に、ツールパレット上で『パスツール』を選び、ツールオプションバー内の『新規作業用パスを作成』アイコンを選択しておきます。(他のアイコンが選択されていた場合は、『シェイプレイヤー』か『塗りつぶし領域』が作成されるので注意)
その状態で、 パスパレットを表示させ新規パス(ここでは「輪郭」)をパレットに追加し、顔の輪郭をパスで描いていきます。

※描画中にパスが見え難くなるのを防ぐ為、白色のベタで塗りつぶしたレイヤーを下絵の上に追加し、不透明度を80%に設定してからパスを描画していきます。

 

shitae_step04

上記要領で主要パーツ事にパスを書き終わったら、今度は解像度を変更します。(金属類等の小物は無視。後で追加していきます)
メニューバーから【イメージ】→【画像解像度】を選択します。

 

shitae_step05

画像解像度のダイアログが表示されました。
ファイルサイズは変更しないので、ドキュメントサイズの『解像度』のみを『450dpi』に変更し、『OK』を選択します。
この時、上記画像の様に『幅』と『高さ』のみをチェーンでリンクした状態で行って下さい。
この時点で、一応下絵は別名保存しバックアップを取っておいて下さい。

※私の場合、実画像データとして作成する為に、かなりの高解像度に変更していますが、スキャンした状態のままで問題なければ変更する必要は全くありません。データの容量によってはファイルが開かなくなったり、パソが動かなくなったりするので、パソのメモリやHDにあった解像度で描く事をお勧めします。

 

次は、【2】肌の部分を描画(モノクロで描画⇒カラー変換)へ


ことえりに単語を登録する(MacOSX)

「ことえり」に新しい単語を登録する方法(MacOSX)。
普段よく使う、正しく変換されない単語等を登録するととても便利です。

 

macregisterkotoeriword01

右側にある入力メニューから【単語登録/辞書編集】を選択します。

 

macregisterkotoeriword02

【ことえり単語登録】の画面が表示されるので、【登録】タブを選択し登録したい単語の【よみ】、【単語】を入力します。次に【品詞】ボタンで種類をチェックし【登録】ボタンをクリックします。これで「藍染」という単語が登録されました。

 

macregisterkotoeriword03

単語が登録されると【登録されている語数】の数字が登録した数だけ増えます。

 

macregisterkotoeriword04

次に、登録した単語を削除したい場合は、【検索/削除】タブをクリックします。削除したい単語を【よみ】ボックスに入力し、キーボードの【return】キーか、【enter】キーを押します。
下部のリストに単語が表示されるので、それを選択し【削除】ボタンをクリックします。単語が削除されました。

 

macregisterkotoeriword06

因に他の辞書から読み込みたい場合は、【辞書】の【テキストや辞書から読み込む】を選択します。

 

macregisterkotoeriword07

ファイル選択の画面が表示されるので、読み込みたい辞書ファイル等を選択し【開く】ボタンをクリックします。これで、辞書にある新しい単語が登録されました。


ひな形を使用したメールを作成する(MacOSX)

ひな形を使用したメールを作成する(MacOSX)方法。
MacのMailには色々なひな形が用意されていて、ひな形を使用したメールはhtmlメールとして送信されます。

 

macmailstationery01

Mailを立ち上げて、【新規メッセージ】ボタンをクリックして新規メッセージを作成します。

 

macmailstationery02

新規メッセージの右上に表示される【ひな形を表示】ボタンをクリックします。

 

macmailstationery03

macmailstationery04

ひな形が表示されるので、ここでは【あいさつ】のジャンルから【花】をクリックして選択します。メッセージ本文にレイアウトが表示されます。

 

macmailstationery05

次にテキストの部分をクリックすれば入力出来る様になります。

 

macmailstationery06

今度は画像をファイルを挿入してみます。【誕生日】のジャンルから【バナー】を選択します。

 

macmailstationery07

メッセージ本文にレイアウトが表示されるので、挿入したい画像をドラッグ&ドロップします。

 

macmailstationery08

画像が入れ替わりました。


Macの辞書を使う方法(MacOSX)

Macの辞書を使う2つの方法(MacOSX)。
Macの辞書は、国語辞典や、和英/英和辞典、類語辞典、Apple用語辞典、Wikipediaを標準装備している電子辞書です。(辞書アプリを立ち上げる他にもテキストエディット等、他のアプリケーションからも使用できます)

【辞書アプリから検索する方法】

macdictionary01

アプリをダブルクリックして立ち上げます。

 

macdictionary02

検索ボックスに調べたい文字を入力します。ここでは、「コンテンツ」という単語を調べてみました。
検索結果のエントリーが表示されるので、「コンテンツ」をダブルクリックします。

 

macdictionary03

「コンテンツ」に関しての詳細が表示されます。類語があれば一番下に表示され、それをクリックすれば詳細を表示させる事が出来ます。

 

【Spotlightから検索する方法】

macdictionary04

メニューバーの【Spotlight】アイコンをクリックし、検索ボックスに調べたい文字を入力します。ここでは、「クレジットカード」と入力しました。
プルダウンメニューに【定義】が表示されるので、それを選択すれば辞書が自動的に起動します。

 

macdictionary05

【英和/和英辞典】のタブをクリックし詳細を表示しました。

 

macdictionary06

更に、【Wikipedia】タブをクリックしてWikiを表示しました。(但し、Wikiを表示するにはネットに接続している必要があります)


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。