Tag Archive for Illustrator

CGとか、作品とか

CGとか、作品とか作ってみたブツ。
昔、運営していたサイトのトップ画像。
使用ソフト『Photoshop』と『Illustrator』。

top11

top18i


Illustrator CS5で使用していないスウォッチを削除する

Illustrator CS5で使用していないスウォッチを削除する方法。
入稿時に使っていない不必要なスウォッチは、トラブル回避の為に削除しておく事をお勧めします。但し、【スウォッチ】パネルの「なし」や「レジストレーション」の設定は削除できません。

 

airemoveunnecessaryobjects01

先ずイラレを立ち上げ、適当にイラストファイルを開きます。

 

aideleteswatch01

aideleteswatch02

【スウォッチ】パネルを見ると、作業中に出来た未使用だと思われるスウォッチが沢山登録されています。要らないスウォッチを削除したいので、【スウォッチ】パネルの右上の▼から【未使用項目を選択】を選択します。

 

aideleteswatch03

使用していないスウォッチが選択されました。

 

aideleteswatch04

aideleteswatch05

次に使用していないスウォッチを選択したまま、【ゴミ箱】ボタンをクリックして削除します。

 

aideleteswatch06

これで未使用のスウォッチが削除されました。


Illustrator CS5で不必要なポイントやテキストボックス等のゴミくずを削除する

Illustrator CS5で不必要なポイントやテキストボックスを削除する方法。
不必要なアンカーポイントや、文字ポイント、テキストボックス等のオブジェクトが残っているとデータが重たくなったり、エラーの原因となってしまうので、特に入稿前等は気をつけて削除した方が良いでしょう。

 

airemoveunnecessaryobjects01

先ずイラレを立ち上げ、適当にイラストファイルを開きます。

 

airemoveunnecessaryobjects02

プレビュー状態だと何処に不必要なオブジェクトが残っているのか分からないので、【表示】の【アウトライン(command+Y)】を選択します。(アウトラインのショートカットはよく使うので覚えておくと便利です)

 

airemoveunnecessaryobjects03

アウトライン表示にすると、所々に不必要なアンカーポイントや、文字ポイント、テキストボックスが残っているのが確認できます。これらを残しておくと、後々トラブルの元になってしまう恐れがあるので削除します。

 

airemoveunnecessaryobjects04

【選択】の【オブジェクト】から【余計なポイント】を選択します。

 

airemoveunnecessaryobjects05

不必要なオブジェクトが選択されるので、必要ないかをどうかを再度確認してから、キーボードの【delete】キーを押して削除します。


Illustrator CS5でアピアランスを使わずに文字にフチを付ける

Illustrator CS5でアピアランスを使わずに文字にフチを付ける方法。
(アピアランスを使用して文字にフチを付ける場合はこちらへ)

 

aiwhiteabysscharacter01

先ずイラレを立ち上げ新規ファイルを作成し、【文字】ツールで適当に文字を入力します。

 

aiwhiteabysscharacter11

その文字を選択した状態で、【編集】の【コピー(command+C)】を選択し、元の文字をコピーしておきます。(カットや、コピー&ペース、前面へペースト&背面へペーストはよく使うのでショートカットを覚えておくと便利です)

 

aiwhiteabysscharacter12

文字にフチ(線)を設定していきます。【カラー】パネルで線設定を「M100%」と設定し、【線】パネルで【線幅:8pt】、【角の形状:ラウンド結合】と設定します。これで線幅8ptの角丸の線が設定されました。(【カラー】パネルが表示されていない場合は、【ウィンドウ】の【カラー】を選択します。また、【線】パネルが表示されていない場合は、【ウィンドウ】の【線】を選択します)

 

aiwhiteabysscharacter13

aiwhiteabysscharacter14

このままでは文字が潰れてしまい見栄えが悪いので、次に【編集】の【前面へペースト(command+F)】を選択して、元の文字を前面へペーストします。

 

aiwhiteabysscharacter15

更に、前面にペーストした文字にもフチ(線)を設定していきます。【カラー】パネルで線設定を「白」を設定し、【線】パネルで【線幅:3pt】、【角の形状:ラウンド結合】と設定します。これで線幅3ptの角丸の線が設定されました。

 

aiwhiteabysscharacter16

この状態でも3pt分文字が潰れてしまい見栄えが悪いので、更に【編集】の【前面へペースト(command+F)】を選択して、元の文字を前面へペーストします。これで外側に「マゼンタ」、中側に「白」の線設定を施した文字が完成しました。

 

aiwhiteabysscharacter17

因に、今度は【編集】の【背面へペースト(command+B)】を選択します。

 

aiwhiteabysscharacter18

更に、背面にペーストした文字にもフチ(線)を設定していきます。【カラー】パネルで線設定を「M:100%」を設定し、【線】パネルで【線幅:15pt】、【角の形状:ラウンド結合】と設定し、キーボードの【▼】矢印を押して文字を下にずらします。これで、簡易的な立体文字が出来ました。


Illustrator CS5でアピアランスを使用して文字にフチを付ける

Illustrator CS5でアピアランスを使用して文字にフチを付ける方法。
(アピアランスを使わずに文字にフチを付ける方法はこちらから)

 

aiwhiteabysscharacter01

先ずイラレを立ち上げ新規ファイルを作成し、【文字】ツールで適当に文字を入力します。

 

aiwhiteabysscharacter02

【アピアランス】パネルが表示されていない場合は、【ウィンドウ】の【アピアランス】を選択します。

 

aiwhiteabysscharacter03

aiwhiteabysscharacter04

【アピアランス】パネルが表示されたら、右上の▼から【新規線を追加】を選択します。

 

aiwhiteabysscharacter05

【アピアランス】パネルに「1pt」の黒線(フチ)の設定が追加されました。

 

aiwhiteabysscharacter06

次に、線(フチ)の色を変更します。【アピアランス】パネルから【スウォッチパネル】をクリックして、パネルを表示して適当に色を変えました。

 

aiwhiteabysscharacter07

更に、線(フチ)の線幅のポイント数を変更します。【スウォッチパネル】の右に「8pt」と入力しました。

 

aiwhiteabysscharacter08

線(フチ)の線幅を太くしたので、その分文字が潰れてしまっています。これでは見栄えが悪いので、線(フチ)を背面に送ります。【アピアランス】パネルの線設定をドラッグして、文字設定の下に移動します。

 

aiwhiteabysscharacter09

線(フチ)が背面に送られました。これで、文字が潰れずに見栄えも良くなりました。

 

aiwhiteabysscharacter10

因に、線(フチ)の設定を削除したい場合は、ゴミ箱にドラッグすればOKです。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。