Tag Archive for アウトライン化

Illustrator CS5でアウトライン化文字に画像を配置する

Illustrator CS5でアウトライン化文字に画像を配置する方法。
この方法を使えばアウトライン化した文字の中に画像を配置する事ができます。

 

outlinecharacterimages01

先ずイラレを立ち上げ新規ファイルを作成し、【文字】ツールで適当に文字を入力します。

 

outlinecharacterimages02

文字を選択した状態で、【書式】の【アウトラインを作成(command+shift+O)】で文字をアウトライン化します。

 

outlinecharacterimages03

outlinecharacterimages04

次に、【ファイル】の【配置】を選択し、文字の中に表示したい画像を配置します。

 

outlinecharacterimages05

今の状態では文字より画像の方が上になっているので、【オブジェクト】の【重ね順】から【背面へ(command+[)】を選択し、画像を背面へ送ります。

 

outlinecharacterimages06

文字を画像の上に置き選択したままの状態で、【オブジェクト】の【複合パス】から【作成(command+8)】を選択します。(文字が1文字の場合はこの複合パスを作る過程は不要です)

 

outlinecharacterimages07

次に文字と画像を選択し、【オブジェクト】の【クリッピングマスク】から【作成(command+7)】を選択します。

 

outlinecharacterimages08

アウトライン化した文字の中に画像が配置され、画像が文字で切り抜かれました。

 

outlinecharacterimages09

因にマスクした画像を移動させたい場合は、【ダイレクト選択】ツールで画像のみを選択するか、

 

outlinecharacterimages11

【選択】ツールで全てを選択した状態で、【オブジェクト】の【クリッピングマスク】から【オブジェクトを編集】を選択すれば、

 

outlinecharacterimages10

画像のみが選択され、画像を任意の位置に移動する事が可能です。

 

outlinecharacterimages12

また、クリッピングマスクを解除したい場合は、【オブジェクト】の【クリッピングマスク】から【解除(command+option+7)】を選択します。

 

outlinecharacterimages13

複合パスを解除したい場合は、【オブジェクト】の【複合パス】から【解除(command+option+shift+8)】を選択します。


Illustrator CS5でパスをアウトライン化する

Illustrator CS5でパスをアウトライン化する方法。
この方法は、線設定のパスを塗り設定のパスにする事が出来ます。

 

aiobjectoutline01

イラレを立ち上げます。例として適当に円を描き、それに50ptの線設定を設定しました。
この50ptの線設定をアウトライン化して、同じ幅の塗り設定に変更します。

 

aiobjectoutline02

【選択】ツールでオブジェクトを選択します。【オブジェクト】の【パス】から【パスのアウトライン】を選択します。

 

aiobjectoutline03

線の太さや形状はそのままで、塗り設定のパスに変換されました。これでOKです。

 

aiobjectoutline04

aiobjectoutline05

ただ、オブジェクトが複数ある場合、一括で変換すると上記図の様に変換出来ない事があります。
その場合は、【オブジェクト】の【アピアランスを分割】を選択します。そのあとに、【オブジェクト】の【パス】から【パスのアウトライン】を選択すればOKです。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。