Miro Video Converter(MacOSX)で動画をiPod/iPhone用に変換する

フリーソフトMiro Video Converter(MacOSX)で動画をiPod/iPhone用に変換する方法。

例えば、YouTube等の動画サイトからDLしたお気に入りの動画は形式が違うので、そのままではiPod/iPhoneには入れられません。
そこで、今回紹介するMiro Video Converter(MacOSX)で、簡単にiPod/iPhoneに適したMP4形式に変換する方法を紹介したいと思います。

 

miroconverter01

miroconverter02

先ず、上記サイトからダウンロードします。

 

miroconverter03

ダウンロードしたものを開いて、アプリケーションフォルダへアプリをドラッグ&ドロップします。念のために再起動します。

 

miroconverter04

Miro Video Converterアプリを立ち上げます。画面はこんな感じで非常にシンプルな作りだと思います。

 

miroconverter05

『Pick a Device or video Format』のプルダウンメニューから、自分が使用しているiPod/iPhone用の形式を選択します。
ここでは『iPhone4/iPod Touch4』を選択していますが、よく分からなければ『MP4』形式に変換すれば大丈夫だと思います。

 

miroconverter06

次に、『Send to iTunes』のチェックボックスにチェックを入れておきます。(これにチェックを入れておくと、convert後に自動的にiTunesに動画が入ります)
設定が終わったら『convert!』をクリックします。

 

miroconverter07

『convert』中の画面はこんな感じです。『Cancel』をクリックすれば中止する事が出来ます。

 

miroconverter08

『convert』が終了すれば、『iTunes』が自動的に立ち上がります。ムービーに変換した動画が追加されているのが分かります。

 

miroconverter09

また、『Send to iTunes』のチェックをしていなかったとしても、MP4に変換した動画を『iTunes』にドラッグ&ドロップすれば追加されるので問題ありません。

この後、『iTunes』に『iPod』や『iPhone』を繋げて同期してやればOKです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。