Photoshop CS5の作成したアクションを編集する

Photoshop CS5の作成したアクションを編集する方法。(アクションの作成方法はこちらをご覧ください)

 

photoactionhensyu01

先ずは、例として『フィルター』の『ウォーターペーパー』をアクションを追加しようと思います。
アクションパネルが表示されていない場合は、『ウィンドウ』から『アクション』を選択します。
アクションパネルの右上の『▼』のプルダウンメニューから『記録を開始』を選択するか、パネル下部にある『記録開始』ボタン(●)をクリックします。

 

photoactionhensyu02

記録が開始されているのを確認してから、『フィルター』の『スケッチ』から『ウォーターペーパー』を選択し、適用させます。

 

photoactionhensyu03

アクションパネルに『ウォーターペーパー』のアクションが追加されたので、パネル下部にある『再生/記録を中止』ボタン(■)をクリックして、作業の記録を中止します。

 

photoactionhensyu04

次に、パネルにある『画像解像度』の数値を編集たいので、これをダブルクリックします。
ダイアログの画面が出てくるので数値を変更します。ここでは『画像解像度』の画面が出てくるので、幅のpixを『50pix』に変更しました。

 

photoactionhensyu05

次に、『ウォーターペーパー』と『画像解像度』のアクションの位置を入れ替えたいので、『ウォーターペーパー』を『画像解像度』の上にドラッグします。
『ウォーターペーパー』と『画像解像度』が入れ替わりました。

 

photoactionhensyu06

次に、アクションを途中で中止したいと思います。
アクションパネルの右上の『▼』のプルダウンメニューから、『中止を挿入』を選択すると一時的にアクションを停止して、アクションでは記録出来ない作業をする事ができるようになります。
また、作業終了後に『再生』ボタンをクリックすれば、残りのアクションを適用させる事が出来ます。

 

photoactionhensyu07

photoactionhensyu09

『中止を挿入』の画面が出てくるので、停止時のメッセージを記載しておけば、アクションを実行する時にメッセージが表示されます。ここでは、次に行う作業内容や注意点等を書き込んでおくと良いと思います。

 

photoactionhensyu08

更に、必要のないアクションを削除する場合は、そのアクションを直接ゴミ箱にドラッグして捨てるか、選択しアクションパネルの右上の『▼』のプルダウンメニューから『削除』を選択します。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。