Macの表示オプション(Mac OSX)

Macの機能『表示オプション』。
これを使用する事によって、アイコンの表示を変更する事が出来ます。

 

hyouji01

先ずは、『表示』→『表示オプションを表示(command+J)』を選択します。

 

hyouji02

『表示オプション』の画面が表示されます。
常時表示させておきたい表示方法を『常にアイコン表示で開く』、『常にリスト表示で開く』、『常にカラム表示で開く』、『常にCover Flow表示で開く』のどれかをチェックして選びます。
また、『アイコンサイズ』のスライダーを左に移動させるとアイコンが小さくなり、右に移動させると大きくなります。

 

hyouji03

次に、『グリッドの間隔』のスライダーを左に移動させるとアイコンとの間隔が狭くなり、右に移動させると広くなります。

 

hyouji04

フォルダ名やファイル名のテキストサイズも変更できます。
また、テキストをアイコンの下に表示するか、右に表示するかも選択できます。

 

hyouji05

『項目の情報を表示』をチェックすれば、フォルダ名やファイル名の下に情報が表示されます。
『アイコンプレビューを表示』をチェックすれば、ファイルやフォルダのプレビューが表示されます。

 

hyouji06

『背景』はデフォルトでは白ですが、他のカラーに変更できます。
『カラー』をチェックして右の■をクリックし出てくる画面で、任意の色を選択します。

 

hyouji07

更に、『ピクチャ』をチェックして右の■をクリックし出てくる画面で、任意の画像を選択します。
設定を元に戻したい場合は、『デフォルトに戻す』をクリックします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。