WebブラウザOmniWeb(Mac OSX)

今回紹介するのは、WebブラウザOmniWeb(Mac OSX)
シェアウェアだったのですが、フリーウェアになりました。
元々有料だったせいか機能がかなり充実していて、使いこなせればかなり面白いブラウザになるのではないでしょうか。
しかも、もの凄く軽い、本当に軽い。(Firefoxも見習って欲しいぐらいです)
このブラウザを使用すると、他のブラウザが物足りなくなるかもしれません。

omniweb01

omniweb02

上記サイトからダウンロードします。(英語のみのヴァージョンもあるので間違えないようにしてください)

 

omniweb03

ダウンロードしたものを開いて、アプリをアプリケーションフォルダに入れてOKです。

 

omniweb04

omniweb05

インターフェイスはこんな感じです。
ツールバーは自分用にカスタムする事が出来ます。

 

omniweb06

ツールバーの右にある『サイト環境設定画面の表示~』をクリックすると、下部に表示されているサイトの『環境設定』や『ページ情報』が表示されます。
『ページ情報』では、そのページで使用されているスタイルシートや画像、Java等のファイルが表示されます。

 

omniweb07

ツールバーの左にある『タブ』をクリックすると、左側にタブが表示されます。(表示は左右選べます)
また、ワークスペース機能で開いているタブ全体を保存しておけば、後で呼び出すことができます。

 

omniweb08

因に、環境設定はこんな感じです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。