Illustrator CS5でアピアランスを使用して文字にフチを付ける

Illustrator CS5でアピアランスを使用して文字にフチを付ける方法。
(アピアランスを使わずに文字にフチを付ける方法はこちらから)

 

aiwhiteabysscharacter01

先ずイラレを立ち上げ新規ファイルを作成し、【文字】ツールで適当に文字を入力します。

 

aiwhiteabysscharacter02

【アピアランス】パネルが表示されていない場合は、【ウィンドウ】の【アピアランス】を選択します。

 

aiwhiteabysscharacter03

aiwhiteabysscharacter04

【アピアランス】パネルが表示されたら、右上の▼から【新規線を追加】を選択します。

 

aiwhiteabysscharacter05

【アピアランス】パネルに「1pt」の黒線(フチ)の設定が追加されました。

 

aiwhiteabysscharacter06

次に、線(フチ)の色を変更します。【アピアランス】パネルから【スウォッチパネル】をクリックして、パネルを表示して適当に色を変えました。

 

aiwhiteabysscharacter07

更に、線(フチ)の線幅のポイント数を変更します。【スウォッチパネル】の右に「8pt」と入力しました。

 

aiwhiteabysscharacter08

線(フチ)の線幅を太くしたので、その分文字が潰れてしまっています。これでは見栄えが悪いので、線(フチ)を背面に送ります。【アピアランス】パネルの線設定をドラッグして、文字設定の下に移動します。

 

aiwhiteabysscharacter09

線(フチ)が背面に送られました。これで、文字が潰れずに見栄えも良くなりました。

 

aiwhiteabysscharacter10

因に、線(フチ)の設定を削除したい場合は、ゴミ箱にドラッグすればOKです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。