Illustrator CS5で書式の行揃え/両端揃えを設定する

Illustrator CS5で書式の行揃え/両端揃えを設定する方法。
先ずイラレを立ち上げ新規ファイルを作成し、【文字】ツールで適当にボックスを作り文字を流し込みます。

【左揃え】

aijustification01

aijustification02

初期設定では、【段落】パネルの【左揃え】が選択されています。【左揃え】を選択すると、全体がテキストボックスの左側に寄り、右側に少し空間が出来ています。(【段落】パネルが表示されていない場合は、【ウィンドウ】の【書式】から【段落(command+option+T)】を選択します)

 

【中央揃え】

aijustification03

aijustification04

【中央揃え】を選択すると、全体がテキストボックスの中央に寄り、左右に少し空間が出来ています。

 

【右揃え】

aijustification05

aijustification06

【右揃え】を選択すると、全体がテキストボックスの右側に寄り、左側に少し空間が出来ています。

 

【均等配置(最終行左揃え)】

aijustification07

aijustification08

【均等配置(最終行左揃え)】を選択すると、全体がテキストボックス一杯に表示されて空間が出来ません。更に最終行は左揃えとなります。

 

【均等配置(最終行中央揃え)】

aijustification09

aijustification10

【均等配置(最終行中央揃え)】を選択すると、全体がテキストボックス一杯に表示されて空間が出来ません。更に最終行は中央揃えとなります。

 

【均等配置(最終行右揃え)】

aijustification11

aijustification12

【均等配置(最終行右揃え)】を選択すると、全体がテキストボックス一杯に表示されて空間が出来ません。更に最終行は右揃えとなります。

 

【両端揃え】

aijustification13

aijustification15

【両端揃え】を選択すると、全体がテキストボックス一杯に表示されて空間が出来ません。更に最終行も同じ様に両端揃えとなります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。