Illustrator CS5の上付き/下付き設定を使う

Illustrator CS5の上付き/下付き設定を使用する方法。
フォントのサイズを変える事無く使用できるので、数式や化学式等の文字を入力する場合にとても便利です。

 

aisuperscriptletters01

イラレを立ち上げ新規ファイルを作成します。ここでは例として、酸素の化学式を作りたいと思います。先ずは、【文字】ツールを使って、上記の様に「O2」と入力します。

 

aisuperscriptletters02

「2」を【文字】ツールを使って選択範囲として黒ベタ反転します。

 

aisuperscriptletters03

aisuperscriptletters04

その状態で、【文字】パネルの右上の▼から【下付き文字】を選択します。これで酸素の化学式の完成ですが、微妙に位置が下の様に感じるので、位置を設定し直します。(【文字】パネルが表示されていない場合は、【ウィンドウ】の【書式】から【文字(command+T)】を選択します)

 

aisuperscriptletters07

【下付き文字】と【上付き文字】の大きさや位置を調整したい場合は、【ファイル】の【ドキュメント設定(command+option+P)】を選択します。

 

aisuperscriptletters08

【ドキュメント設定】画面が表示されるので、下部にある【下付き文字】と【上付き文字】で数値を変えて調整します。ここでは、試しに【下付き文字】の【位置】を「5%」に変えてみました。

 

aisuperscriptletters09

下付きの位置が変わりました。

 

aisuperscriptletters05

aisuperscriptletters06

因に、【上付き文字】を選択するとこんな感じです。

 

aisuperscriptletters10

aisuperscriptletters11

更にOpenTypeフォントを使用している場合は、【OpenType】パネルの【位置】プルダウンメニューからも設定する事ができます。(【OpenType】パネルが表示されていない場合は、【ウィンドウ】の【書式】から【OpenType(command+option+shift+T)】を選択します)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。