ディスクユーティリティでディスク検証&修復(MacOSX)

Macに標準装備されているディスクユーティリティでディスクを検証&修復(MacOSX)する方法。
USBやHD等、ディスクの調子が良くない場合や軽度のトラブル等を、点検し修復してくれる機能です。
ただし、検証&修復しようとしている同ディスク内にディスクユーティリティがある場合は、検証のみが可能となり修復はできません。修復したい場合は、インストールDVDや他のディスクから修復作業を行ってください。

 

macdiskutility01

HD内にある【アプリケーション】フォルダを開きます。

 

macdiskutility02

macdiskutility03

次に【ユーティリティ】フォルダを開き、【ディスクユーティリティ】アイコンをダブルクリックして立ち上げます。

 

macdiskutility04

左側のリストから検証&修復したいディスクやボリュームを選択します。【First Aid】タブをクリックします。

 

macdiskutility05

【ディスクを検証】ボタンをクリックします。

 

macdiskutility06

検証の結果、このディスクは修復が必要なようので【OK】ボタンをクリックします。(検証結果によって表示画面が違います)

 

macdiskutility07

詳細表示に「エラー:このディスクは修復する必要があります。【ディスクを修復】をクリックしてください」と表示されているので、【ディスクを修復】ボタンをクリックします。(これも検証結果によって文面が変わりますが、指示に従ってください)
因に修復が必要ない場合は、緑色で「~問題ないようです」とメッセージが表示されます。

 

macdiskutility08

修復が完了しました。
ここでは修復が完了しましたが失敗する場合もあります。そんな時はデータのバックアップを取った上で、市販のメンテナンスソフト等を使って修復する事をお勧めします。
ディスクユーティリティでは修復出来なくても、高性能な市販のソフトを使えば修復が出来る可能性があります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。