Photoshop CS5でバリエーションを使う

Photoshop CS5でバリエーションを使う方法。
バリエーションがあれば画像を確認しながら比較的簡単に色調補正が出来ます。
とても便利な機能なのですが、残念ながら64ビットのPhotoshop CS5ではサポートされていません。
ここでは64ビットでは無く32ビットでファイルを開くように設定し、バリエーションを使える様にします。

 

psvariation01

先ずは、フォトショのアプリをクリックし選択します。

 

psvariation02

次に【ファイル】の【情報を見る(command+I)】を選択します。

 

psvariation03

【Adobe Photoshop CS5の情報】画面が出るので、【32ビットモードで開く】にチェックを入れます。これでバリエーションが使える様になります。

 

psvariation04

フォトショを立ち上げ画像を開きます。今回は例としてこの画像の色調を変えていきたいと思います。

 

psvariation05

【イメージ】の【色調補正】から【バリエーション】を選択します。

 

psvariation06

【バリエーション】の画面が表示されます。

 

psvariation07

画像の補正は、【シャドウ】、【中間調】、【ハイライト】、【彩度】ごとにボタンをチェックして選んでいきます。補正変化の大きさはスライダをドラッグして調整します。また、【限界を表示】をチェックしておくと、最高彩度を超えた場合、特定の色で分かる様に表示されます。適用量の確認するのには便利だと思います。
ここでは、例として【中間調】を補正していきます。

 

psvariation08

追加したい色があれば、それをクリックしていきます。
ここでは、右下にある【マゼンタ】をクリックします。そうすると上部にある【現在】と、真ん中の【現在】とにマゼンタを追加した画像が表示されます。
また、明度を変更したい場合は、右側にある【明るく】と【暗く】をクリックしていきます。

 

psvariation09

3回程マゼンタをクリックして追加しました。【現在】にマゼンタを追加した画像が表示されました。

 

psvariation10

因に、追加したマゼンタを破棄してもう一度初めから設定したい場合は、【元画像】をクリックすればOKです。

 

psvariation11

全ての設定が終われば【OK】ボタンをクリックします。画像の色調補正が適用されました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。