Illustrator CS5のカラーバランス調整を使う

Illustrator CS5のカラーバランス調整を使う方法。
カラーの色成分を一括で変更出来る機能で、オブジェクトの色を簡単に変更する事が出来ます。

 

aiadjustingcolorbalance01

イラレを立ち上げます。色を変換したいオブジェクトを選択します。

 

aiadjustingcolorbalance02

【編集】の【カラーを編集】から【カラーバランス調整】を選択します。

 

aiadjustingcolorbalance03

【カラー調整】の画面が出るので、【カラーモード:CMYK】を選択し、下部スライダを【C:84%、M:0%、Y:-100%、K:0%】と設定します。今回は線設定のみ色を変えたいので、【調整制定】を【線】にチェックします。
【プレビュー】にチェックを入れておくと、実際の色を確認しながら設定する事ができます。

 

aiadjustingcolorbalance04

線のみが「濃い緑色」から「青色」に変わりました。

 

aiadjustingcolorbalance05

次に、オブジェクト全体をグレーにしたいと思います。先ほどと同じ様に【カラーバランス調整】を選択し、【カラー調整】画面を出します。
【カラーモード:グレースケール】を選択し、【変換】をチェック、下部スライダを【K:0%】と設定しました。今回は全体の色を変えたいので、【調整制定】を【線】と【塗り】にチェックを入れます。
【プレビュー】にチェックを入れておくと、実際の色を確認しながら設定する事ができます。

 

aiadjustingcolorbalance06

カラーがグレースケールに変換されました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。