Illustrator CS5でパスをアウトライン化する

Illustrator CS5でパスをアウトライン化する方法。
この方法は、線設定のパスを塗り設定のパスにする事が出来ます。

 

aiobjectoutline01

イラレを立ち上げます。例として適当に円を描き、それに50ptの線設定を設定しました。
この50ptの線設定をアウトライン化して、同じ幅の塗り設定に変更します。

 

aiobjectoutline02

【選択】ツールでオブジェクトを選択します。【オブジェクト】の【パス】から【パスのアウトライン】を選択します。

 

aiobjectoutline03

線の太さや形状はそのままで、塗り設定のパスに変換されました。これでOKです。

 

aiobjectoutline04

aiobjectoutline05

ただ、オブジェクトが複数ある場合、一括で変換すると上記図の様に変換出来ない事があります。
その場合は、【オブジェクト】の【アピアランスを分割】を選択します。そのあとに、【オブジェクト】の【パス】から【パスのアウトライン】を選択すればOKです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。