Archive for 2013年7月12日

Mac OSXでファイル(フォルダ)を圧縮する

Mac OSXでファイル(フォルダ)を圧縮する方法。
圧縮ソフトを使用する方法もありますが、Mac OSXにはwinで広く使用されている形式「zip形式」の圧縮・解凍が表重装備されているのでとても便利です。

 

macfilecompression01

圧縮したいファイル(フォルダ)等を選択します。

 

macfilecompression02

【ファイル】から【“名称未設定-2.ai”を圧縮】を選択します。(圧縮するファイル(フォルダ)のファイル名が表示されます)

 

macfilecompression03

zip形式のファイルとして圧縮されました。
圧縮を解凍したい場合は、ファイルをダブルクリックすればOKです。
ただ、互換性の問題でwinでそのまま解凍するとファイル名が文字化けする場合があります。その場合、「Stuffit Expander」等のアーカイブ解凍ソフトで解凍すると文字化けしないと思います。


Illustrator CS5で爆弾素材を作る

Illustrator CS5で爆弾素材を作る2つの方法。
仕事をしていると意外と爆弾素材を使用する事が多いのではないでしょうか?
そこで、ここでは簡単に爆弾を作る方法を紹介したいと思います。

【1つ目の方法】
【スター】ツールを使用する方法です。

aibakudansozai01

イラレを立ち上げます。【スター】ツールを選択し、ドキュメント上をクリックします。

 

aibakudansozai02

【スター】画面が出るので、ここでは【オプション】の【第1半径:35mm】、【第2半径:31mm】、【点の数:30】と設定しOKします。

 

aibakudansozai03

爆弾が完成しました。

 

【2つ目の方法】
【効果】の【ジグザク】を使用した方法です。

aibakudansozai04

aibakudansozai05

【楕円形】ツールを選択し円を描きます。

 

aibakudansozai06

円を選択した状態で、【効果】の【パスの変形】から【ジグザグ】を選択します。

 

aibakudansozai07

【ジグザグ】画面が出るので、ここでは【オプション】の【大きさ:2mm】、【折り返し:15】に、【ポイント】を【直線的に】と設定しOKしました。(【プレビュー】をチェックすれば、ジグザグの効果を確かめながら数値の設定できます)

 

aibakudansozai08

爆弾が完成しました。

 

aibakudansozai09

aibakudansozai10

因に、【ポイント】を【滑らかに】設定すると、丸みの帯びた爆弾になります。(試しに色付けてみました)


Illustrator CS5で画像をトレース用下絵として配置する

Illustrator CS5で画像をトレース用下絵として配置する方法。
仕事をしているとロゴやマーク等をトレースする事が意外に多いです。(支給してもらうのが一番良いのですが、わりと頂けない場合が多いのです…)
そんな時に便利なのがイレラの機能テンプレートです。画像を下絵として取り込めるので、簡単なトレースをするのにとても便利です。

 

aishitaetrace01

イラレを立ち上げます。トレースしたい画像を取り込みたいので、【ファイル】の【配置】を選択します。

 

aishitaetrace02

【配置】画面が出るので、画像を選び【テンプレート】を選択し、【配置】ボタンをクリックします。

 

aishitaetrace03

aishitaetrace04

画像が下絵として配置されました。トレース作業がしやすい様に50%のアミで、ロックされた状態で表示されます。(因みに下絵は表示していますが実際は印刷されません)
下絵の表示%を変えたい場合は、【レイヤー】パネルの【テンプレイトレイヤー】をダブルクリックするか、右上の▼からここでは【「テンプレートJPN002A.TIF」のオプション】を選択します。

 

aishitaetrace05

【レイヤーオプション】画面が出るので、【画像の表示濃度】の数値を変更します。
また、【テンプレート】のチェックを外すと配置画像になり、既に配置されている画像を下絵にしたい場合は、【テンプレート】にチェックを入れると下絵となります。

 

aishitaetrace06

【テンプレート】のチェックを外して、配置画像にしました。


Dreamweaver cs5でイメージ画像を挿入する

Dreamweaver cs5でイメージ画像を挿入する3つの方法。

【1つ目の方法】
デスクトップやFinderからドラッグ&ドロップする。

dwimgsounyu00

一番簡単な方法です。ドリウィドリウィを立ち上げ新規ファイルを作成したら、デスクトップやFinderにある任意の画像をドラッグ&ドロップするだけです。

 

dwimgsounyu03

【イメージタグのアクセシビリティ属性】画面が出るので、【代替テキスト】に画像の名前等を入れます。(代替テキストとは、alt属性の値となるテキストの事です)

 

dwimgsounyu04

画像が挿入されました。

 

【2つ目の方法】
【挿入】パネルから挿入する方法です。

dwimgsounyu01

【挿入】パネルの【イメージ:イメージ】を選択します。(【挿入】パネルが表示されていない場合は、【ウィンドウ】の【挿入】を選択します)

 

dwimgsounyu02

【イメージソースの選択】画面が出るので、挿入したい画像を選び【選択】ボタンをクリックします。

 

dwimgsounyu03

【イメージタグのアクセシビリティ属性】画面が出るので、【代替テキスト】に画像の名前等を入れます。(代替テキストとは、alt属性の値となるテキストの事です)

 

dwimgsounyu04

画像が挿入されました。

 

【3つ目の方法】
【アセット】パネルから挿入する方法です。

dwimgsounyu05

【アセット】パネルのリスト内から挿入したい画像を選択し、ドラッグ&ドロップs(【アセット】パネルが表示されていない場合は、【ウィンドウ】の【アセット】を選択します)

 

dwimgsounyu03

【イメージタグのアクセシビリティ属性】画面が出るので、【代替テキスト】に画像の名前等を入れます。(代替テキストとは、alt属性の値となるテキストの事です)

 

dwimgsounyu04

画像が挿入されました。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。