Archive for 2013年7月3日

フリー圧縮ソフトDropLHa(MAC OSX)

フリーの圧縮ソフトDropLHa(MAC OSX)
重いファイル等を圧縮してデータ量を軽くする事ができます。

 

dloplha01

dloplha02

上記サイトからダウンロードします。

 

dloplha03

ダウンロードしたものを開いて、アプリフォルダへ入れます。念のため再起動します。

 

dloplha04

圧縮したいファイルをDropLHaにドラッグ&ドロップします。

 

dloplha05

ファイルが圧縮されました。


Adobe Bridge CS5でキーワードを設定する

Adobe Bridge CS5でキーワードを設定する方法。
キーワードを設定しておけば、そのキーワードでファイルを検索する事が出来るので便利だと思います。

 

brikeyword01

元々、Bridgeにはデフォルトでキーワードが登録されていますが、今回は新規キーワードを追加する事にします。
新規キーワードを追加したい場合は、『キーワード』タブで右上の▼から『新規キーワード』を選択するか、右下にある『新規キーワード』の『+』ボタンをクリックします。

 

brikeyword02

キーワードの入力欄が表示されるので、追加したいキーワードを入力します。ここでは例として『家族写真』としました。

 

brikeyword03

キーワードタブに『家族写真』が追加されました。このキーワードを画像に付けたいと思います。
先ず、キーワードを付けたい画像を選択して、キーワードタブの『家族写真』のチェックを入れます。これでOKです。

 

brikeyword04

brikeyword05

『フィルター』タブにある『キーワード』を見ると『家族写真』が追加されているのが分かります。この『家族写真』をクリックすると『コンテンツ』に、そのキーワードが付いたファイルが全て表示されます。

 

brikeyword07

brikeyword06

また、キーワードを検索するには右下にある検索スペースで検索するか、『編集』の『検索』を選択します。

 

brikeyword08

『編集』の『検索』を選択するとダイアログが表示されるので、検索したい条件を設定し検索します。


Illustrator CS5でテキストをオブジェクトに回り込ませる

Illustrator CS5でテキストをオブジェクトに回り込ませる方法。
長文の途中にイラストや画像を入れる場合に、文字を回り込みさせる方法です。

 

illtextmawari01

先ず、回り込ませたいイラストをテキストの上に配置します。

 

illtextmawari02

イラストを選択した状態で、『オブジェクト』の『テキストの回り込み』で『作成』を選択します。

 

illtextmawari03

イラストに沿って文字が回り込みました。

 

illtextmawari04

次にテキストとイラストの間の空きスペースを調整します。イラストを選択した状態で、『オブジェクト』の『テキストの回り込み』で『テキストの回り込みオプション』を選択します。

 

illtextmawari05

『テキストの回り込みオプション』の画面が表示されるので、『オフセット』に数値を入力して空きスペースを調整します。

 

illtextmawari06

空きスペースが広がりました。
因に、『テキストの回り込み』を解除したい場合は、『オブジェクト』の『テキストの回り込み』で『解除』を選択します。


Dreamweaver cs5でページの余白(マージン)指定

Dreamweaver cs5でページの余白(マージン)を指定する方法。
Dreamweaver cs5のプロパティを使えば簡単に指定できます。

 

dwyohaku01

上記画像を見れば分かりますが、デフォルトでは必ずゼロ原点から少し余白が出来てしまいます。
Webデザインをする上で余白を無くすのが一般的です。今回は、この余白を無くしていきます。

 

dwyohaku02

dwyohaku03

『修正』の『ページプロパティ(Command+J)』で選択するか、下部にある『プロパティ』の『ページのプロパティ』をクリックします。

 

dwyohaku04

『ページプロパティ』のカテゴリ『外観(CSS)』でマージン(余白)を指定します。今回は原点を0にする為に『左』、『右』、『上』、『下』のpxを『0』にしました。

 

dwyohaku05

これで余白が無くなりました。


Mac(OS X)のサイドバーをカスタム設定する

Mac(OS X)のサイドバーをカスタム設定する方法。

 

sidebar01

『Finder』の『環境設定(command+,)』を選択します。

 

sidebar02

『Finder環境設定』の『サイドバー』を選択します。
サイドバーの項目が表示されるので、チェックボタンのON/OFFで自分用にカスタムする事が出来ます。

 

sidebar03

デフォルトの項目以外をサイドバーに表示させたい場合は、そのフォルダをサイドバーにドラッグ&ドロップさせます。これで、Finderを開いている限りいつでも簡単にフォルダが開く事が出来ます。

 

sidebar04

sidebar05

サイドバーから先ほど追加したフォルダを削除したい場合は、ウィンドウの外にドラッグ&ドロップするか、右クリック(command+controlでもOK)で『サイドバーから取り除く』を選択します。(サイドバーから削除したとしても、元のフォルダは残っています)


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。