Archive for 2013年6月30日

Photoshop CS5で選択範囲を新規レイヤーに複製&カットする

Photoshop CS5で選択範囲を簡単に新規レイヤーに複製&カットする方法。

 

photfukusei01

適当に画像を開きます。(以前に趣味で作った画像・笑)

 

photfukusei02

『選択ツール』で適当に選択範囲を作成しました。
この選択範囲内を新規レイヤーに複製&カットしたいと思います。

 

photfukusei03

先ずは、複製する方法です。
『レイヤー』の『新規』から『選択範囲をコピーしたレイヤー(command+J)』を選択します。

 

photfukusei04

元画像はそのままで、自動的に選択範囲が新規レイヤーに複製されました。

 

photfukusei05

次に、カットする方法です。
『レイヤー』の『新規』から『選択範囲をカットしたレイヤー(command+shift+J)』を選択します。

 

photfukusei06

元画像の選択範囲部分がカットされ、自動的に新規レイヤーに複製されました。


Photoshop CS5で画像を回転して水平にする

Photoshop CS5で画像を回転して水平にする方法。
撮影する時に気をつけていても、どうしても画像が傾いたりしてしまいます。
今回は、それをフォトショで真っ直ぐにする方法を紹介したいと思います。

 

photkaiten00

フォトショを立ち上げ傾いている画像を開きます。

 

photkaiten01

ツールにある『ものさしツール』を選択します。
ツールが表示されていない場合は、『ウィンドウ』から『ツール』を選択して表示させます。

 

photkaiten02

この画像は右下に下がっているので、画像の左端から右端の海面にかけて『ものさしツール』で線を引きます。

 

photkaiten03

その状態で、『イメージ』の『画像の回転』から『角度入力』を選択します。

 

photkaiten04

カンバスの回転画面が出るので、そのままの状態で何も触らず『OK』をクリックします。

 

photkaiten05

画像が回転されました。

 

photkaiten06

要らない部分を、『ツール』の『切り抜きツール』でカットします。

 

photkaiten07

これで傾きが無くなり画像が真っ直ぐになりました。


Illustrator CS5にパターンを追加する

Illustrator CS5に追加した素材パターンを追加する方法。

 

ilapata01

今回は、この素材パターンを追加する事にします。
先ずイラレを立ち上げ、新規ファイルを作成し素材パターンをペーストします。

 

ilapata02

追加するパターンを選択してアクティブにした状態で、『編集』→『パターン設定』を選択します。

 

ilapata03

出てくる新規スウォッチ画面で適当に名前を付けて『OK』をクリックします。

 

ilapata04

スウォッチパレットにパターンが追加されました。
これでこのファイルでパターンが使用出来るようになりました。

 

ilapata05

追加したパターンで、適当に描いてみました。


Macの表示オプション(Mac OSX)

Macの機能『表示オプション』。
これを使用する事によって、アイコンの表示を変更する事が出来ます。

 

hyouji01

先ずは、『表示』→『表示オプションを表示(command+J)』を選択します。

 

hyouji02

『表示オプション』の画面が表示されます。
常時表示させておきたい表示方法を『常にアイコン表示で開く』、『常にリスト表示で開く』、『常にカラム表示で開く』、『常にCover Flow表示で開く』のどれかをチェックして選びます。
また、『アイコンサイズ』のスライダーを左に移動させるとアイコンが小さくなり、右に移動させると大きくなります。

 

hyouji03

次に、『グリッドの間隔』のスライダーを左に移動させるとアイコンとの間隔が狭くなり、右に移動させると広くなります。

 

hyouji04

フォルダ名やファイル名のテキストサイズも変更できます。
また、テキストをアイコンの下に表示するか、右に表示するかも選択できます。

 

hyouji05

『項目の情報を表示』をチェックすれば、フォルダ名やファイル名の下に情報が表示されます。
『アイコンプレビューを表示』をチェックすれば、ファイルやフォルダのプレビューが表示されます。

 

hyouji06

『背景』はデフォルトでは白ですが、他のカラーに変更できます。
『カラー』をチェックして右の■をクリックし出てくる画面で、任意の色を選択します。

 

hyouji07

更に、『ピクチャ』をチェックして右の■をクリックし出てくる画面で、任意の画像を選択します。
設定を元に戻したい場合は、『デフォルトに戻す』をクリックします。


壁紙を自動的に変更する(Mac OSX)

Macの壁紙を自動的に変更する方法。
以前こちらでMacの壁紙を変更する方法を紹介しましたが、今回は自動的に変える方法です。
壁紙は何時も見るのなので飽きてしまいますし、一々手動で変更するのも面倒です。
そこで、今回は自動的に壁紙を変える方法を紹介します。

 

kabegami05

kabegami04

システム環境設定のアイコンから立ち上げるか、アップルメニューの『システム環境設定』を選択します。

 

kabegami06

表示画面にある『デスクトップとスクリーンセーバ』をクリックします。

 

kabegami08

下部にある『ピクチャを変更』をチェックし、プルダウンメニューを開いて設定したい項目を選びます。
これで、設定した項目で壁紙が変更されます。
ランダムに表示したい場合は、『ランダムな順序』をチェックします。
選択した壁紙フォルダ内の画像がランダムに表示されます。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。