Archive for Bridge関係

便利なメディア管理ツールAdobe Bridge CS5

今回紹介するのは、便利なメディア管理ツールAdobe Bridge CS5です。
これがあればファイルの一括管理が出来るし、任意のファイルを探すのも簡単に出来てしまいます。

Adobe Bridgeは単体で販売されている訳ではなくて、フォトショ等のAdobe製品を買うと付いてくるオマケのようなアプリです。
オマケの様に付いてきますが、かなり高機能で便利なアプリではあります。
Adobe Mini Bridgeや、アプリケーション間でドラッグ&ドロップ、JPEG形式で書き出し、一元管理で一貫したカラー表示、カスタマイズ出来る画面表示、ファイル名の一括変換、ファイルの回転、Adobe製品で作られたファイルのサムネイル表示、ファイルの情報、Camera RAWでの補正、Photoshopのバッチ適用等々、充実した機能が満載です。

 

bridge01

bridge02

アプリから直接立ち上げる他にも、フォトショやイラレ等の作業中にも立ち上げる事が出来ます。(ここから下は画像をクリックすると少し大きい画像でみれます)

 

bridge03s

bridge04s

表示画面は色々用意されています。これは、「初期設定」画面。
画像を選択すると、ファイル名や、保存形式、ファイルの作成日・修正日、ファイルサイズ、寸法、解像度、ビット数、カラーモード等、その画像の情報が出てきます。
また、下のスライダーを動かすと画像が大きくなるので、画像を開かなくてもピンボケしていないか等確認できます。

 

bridge05s

右上の「フィルムストリップ」をクリックすると「フィルムストリップ」画面に切り替わります。

 

bridge06s

そして、これが「メタデータ」画面。

 

bridge07s

「出力」画面。
選択したファイルを、pdf保存したり、Webギャラリーに保存・アップロードしたり出来ます。

 

bridge08s

「キーワード」画面。

 

bridge09s

「プレビュー」画面。

 

bridge10s

「ライトテーブル」画面。
あと、「フォルダー」画面があるのですが、スナップショット取り忘れました。
これだけ沢山の表示画面がある上にカスタマイズも出来るので、自分用にカスタムして使用するのも手かもしれません。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。