Archive for Bridge関係

Adobe Bridge CS5でファイルを移動する

Adobe Bridge CS5でファイルやフォルダを移動する方法。
Bridge内でファイル(フォルダ)を見ながら移動出来るので、ファイル(フォルダ)を整理をする時にとても便利です。

 

brfileidou01

Bridgeを立ち上げます。例としてここでは、ファイル「HW002_L.jpg」を、左に表示されている「画像移動フォルダ」へ移動させたいと思います。

 

brfileidou02

移動させたいファイル「HW002_L.jpg」を、「画像移動フォルダ」へドラッグ&ドロップします。

 

brfileidou03

「HW002_L.jpg」が、「画像移動フォルダ」へ移動しました。

 

brfileidou04

次にフォルダを移動します。フォルダ「001」を「画像移動フォルダ」へ移動させます。

 

brfileidou05

移動させたいフォルダ「001」を、「画像移動フォルダ」へドラッグ&ドロップします。

 

brfileidou06

フォルダ「001」が、「画像移動フォルダ」へ移動しました。


Adobe Bridge CS5でファイル(フォルダ)を削除する

Adobe Bridge CS5でファイル(フォルダ)を削除する3つの方法。

【1つ目の方法】

brfilesakujo01

brfilesakujo02

先ずBridgeを立ち上げ、削除したいファイル(フォルダ)を選択し、右上にある【ゴミ箱】アイコンをクリックします。

 

【2つ目の方法です】

brfilesakujo01

brfilesakujo03

削除したいファイル(フォルダ)を選択し、キーボードの【delet】キーを押します。削除するかメッセージが出るので、【削除】ボタンをクリックします。

 

【3つ目の方法】

brfilesakujo04

削除したいファイル(フォルダ)を右クリックするか、キーボードの【control】キーを押しながらクリックし、【ゴミ箱に移動】を選択します。

 

brfilesakujo05

上記の3つの方法で削除されたファイル(フォルダ)は、ゴミ箱に移動します。


Adobe Bridge CS5でファイル名を変更する

Adobe Bridge CS5でファイル名を変更する方法。
ファイル名の変更は一つずつ変更可能ですが、Bridgeのバッチ処理を使えば一括で沢山のファイル名を変更する事が出来るのでとても便利です。

 

brnamehenkou01

先ずはBridgeを立ち上げます。
最初は一つずつファイル名を変更する方法です。ファイル名を変更したいファイルをクリックし選択します。

 

brnamehenkou02

更にファイル名の部分をクリックすると、拡張子より前のファイル名が反転し編集出来るようになります。

 

brnamehenkou03

今度は、フォルダ内の画像ファイル名を一括で変更したいと思います。
『編集』の『全て選択(Command+A)』で、フォルダ内の全てのファイルを選択します。
全てのファイルではなく複数のファイルを選択したい場合は、キーボードの『Shift』キーを押しながら、始点のファイルから終点のファイルまでをクリックすれば追加する事ができます。(選択を解除する場合も同じ)
また、ファイルを飛び飛びで選択したい場合は、『Option+Command』キーを押しながらクリックすれば追加する事ができます。(選択を解除する場合も同じ)

 

brnamehenkou04

次に『ツール』の『ファイル名をバッチで変更(Command+Shift+R)』を選択します。

 

brnamehenkou05

『ファイル名をバッチで変更』画面が表示されるので、先ずは『保存先フォルダー』を決めます。
一応、万が一の為に元データは残しておきたいので、『他のフォルダーにコピー』をチェックして、『参照』ボタンをクリックします。

 

brnamehenkou06

『フォルダを選択』画面が表示されるので、『新規フォルダ』ボタンをクリックし、新規フォルダを作成します。

 

brnamehenkou07

brnamehenkou08

次に、ファイル名を変更していきます。一番上の『テキスト』に変更したいファイル名を入力します。次に『変更日時』、二番目の『テキスト』、『通し番号』を設定します。
設定後の新しいファイル名は、一番下にある『プレビュー』で確認する事ができます。
全て設定出来たら『名前変更』ボタンをクリックします。

 

brnamehenkou09

指定したフォルダに、ファイル名が設定通り変更されコピーされました。


Adobe Bridge CS5でキーワードを設定する

Adobe Bridge CS5でキーワードを設定する方法。
キーワードを設定しておけば、そのキーワードでファイルを検索する事が出来るので便利だと思います。

 

brikeyword01

元々、Bridgeにはデフォルトでキーワードが登録されていますが、今回は新規キーワードを追加する事にします。
新規キーワードを追加したい場合は、『キーワード』タブで右上の▼から『新規キーワード』を選択するか、右下にある『新規キーワード』の『+』ボタンをクリックします。

 

brikeyword02

キーワードの入力欄が表示されるので、追加したいキーワードを入力します。ここでは例として『家族写真』としました。

 

brikeyword03

キーワードタブに『家族写真』が追加されました。このキーワードを画像に付けたいと思います。
先ず、キーワードを付けたい画像を選択して、キーワードタブの『家族写真』のチェックを入れます。これでOKです。

 

brikeyword04

brikeyword05

『フィルター』タブにある『キーワード』を見ると『家族写真』が追加されているのが分かります。この『家族写真』をクリックすると『コンテンツ』に、そのキーワードが付いたファイルが全て表示されます。

 

brikeyword07

brikeyword06

また、キーワードを検索するには右下にある検索スペースで検索するか、『編集』の『検索』を選択します。

 

brikeyword08

『編集』の『検索』を選択するとダイアログが表示されるので、検索したい条件を設定し検索します。


Adobe Bridge CS5で画像を回転する

Adobe Bridge CS5で画像を回転する。

例えば、デジカメで撮影した画像を回転しないといけない場合って結構ありますよね?
そんな場合、フォトショ等の画像編集ソフトで回転するのが一般的ですが、ファイル量が多いと面倒だし時間もかかります。
そんな時に便利なのがこのAdobe Bridge CS5の画像回転機能。
簡単に画像を回転させる事ができます。

 

bridgekaiten01

Adobe Bridge CS5を立ち上げ回転させたい画像を表示させます。
ここでは2ファイル回転させる事にします。

 

bridgekaiten02

回転させたい画像をクリックし選択します。
この画像は反時計回りに回転させたいので、右上の回転アイコン『回転(反時計回り)』をクリックします。

 

bridgekaiten03

次に隣の画像を時計回りに回転させたいので、右上の回転アイコン『回転(時計回り)』をクリックします。

 

bridgekaiten04

両ファイルとも画像が回転されました。
回転した画像をフォトショで開きたい場合は、その画像をダブルクリックします。

 

bridgekaiten05

フォトショ上でも回転された状態で表示されるのでとても便利です。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。