Archive for ドリウィ関係

Dreamweaver cs5で手動でサーバー上のデータを削除する

Dreamweaver cs5でサーバー上のデータを削除する方法。
この方法を使用すれば、簡単にサーバー上からデータを削除する事が出来ます。(但しサイトの定義をしておく事が前提です)

 

deletedfromtheremotesite01

deletedfromtheremotesite02

【ファイル】パネルの右側にあるプルダウンメニューから【リモートサーバー】を選択します。(【ファイル】パネルが表示されていない場合は、【ウィンドウ】の【ファイル(command+shift+F)】を選択するか、【サイト】の【サイトで表示】のどちらかを選択し表示させます)

 

deletedfromtheremotesite03

更に、【ファイル】パネルの【リモートホストに接続】をクリックし、サーバーに繋げます。

 

deletedfromtheremotesite04

削除したいファイル等を選択します。その状態で、キーボードの【Delete】キーを押します。(因に、実は【リモートホストに接続】しなくても、ファイルを選択して【Delete】キーを押せば削除する事ができます)

 

deletedfromtheremotesite05

削除して良いかどうかの確認画面が出てくるので、削除する場合は【はい】をクリックします。これで、サーバー上からファイルが削除されます。

 

ブログランキングに参加しています。↓↓↓
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

 


Dreamweaver cs5でファイルをサーバー上にアップする

Dreamweaver cs5でデータをサーバーにアップする3つの方法。
この方法を使えば簡単にデータをアップする事が出来ます。(但しサイトの定義をしておく事が前提です)

【1つ目の方法:開いているファイルを転送】
今現在作業中の表示しているファイルを転送する方法です。

transferfilestoserver06

開いているファイルの右上にある【↓↑】マークをクリックします。

 

transferfilestoserver07

プルダウンメニューが出てくるので、【PUT(command+Shift+U)】を選択します。

 

transferfilestoserver03

ファイルで使用されている画像等の依存ファイルを一緒にアップするかどうかきいてくるので、アップする場合は【はい】ボタンをクリックし、必要のない場合は【いいえ】をクリックします。分からない場合は、無難に【はい】ボタンをクリックしてください。

 

【2つ目の方法:一部のファイルを転送】
更新したファイル等、一部のファイルを転送する方法です。

transferfilestoserver01

【ファイル】パネルの【リモートホストに接続】をクリックし、サーバーに繋げます。(【ファイル】パネルが表示されていない場合は、【ウィンドウ】の【ファイル(command+shift+F)】を選択するか、【サイト】の【サイトで表示】のどちらかを選択し表示させます)

 

transferfilestoserver02

アップしたいファイルを選択し、【ファイルをPUTする】ボタンをクリックします。(因に、実は【リモートホストに接続】しなくても、【ファイルをPUTする】ボタンをクリックするだけでアップする事ができます)

 

transferfilestoserver03

ファイルで使用されている画像等の依存ファイルを一緒にアップするかどうかきいてくるので、アップする場合は【はい】ボタンをクリックし、必要のない場合は【いいえ】をクリックします。分からない場合は、無難に【はい】ボタンをクリックしてください。

 

【3つ目の方法:サイト全体を転送】
サイト全体を転送する方法です。

transferfilestoserver04

サイトの大元である【ルートフォルダ】を選択します。その状態で、【ファイルをPUTする】ボタンをクリックします。

 

transferfilestoserver05

サイト全体をアップするかどうかの確認画面がでるので、問題が無ければ【OK】ボタンをクリックします。

 

ブログランキングに参加しています。↓↓↓
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

 


Dreamweaver cs5でHTMLコードの再フォーマット

Dreamweaver cs5でHTMLコードの再フォーマットする方法。
コード中に大文字や小文字のタグが混ざっていたり、タグ事にインデントや改行がされていないと読みづらくなってしまします。また、大文字や小文字の混合タグはサーバーによってはトラブルの元になってしまうので、ドリウィの機能を使って整理していきましょう。

 

dwapplysourceformatting01

ドリウィを立ち上げて、適当に作成したファイルを開きます。このファイルはタグごとにインデントが設定されておらず、少し見づらくなっています。これからインデントを設定して見やすくしていきます。

 

dwapplysourceformatting02

dwapplysourceformatting03

先ずは【コードビュー】の左にあるメニューボタンから【ソースコードのフォーマット】ボタンをクリックし、【ソースフォーマットの適用】を選択します。

 

dwapplysourceformatting04

これでタグごとにインデントが設定され綺麗にフォーマットされました。

 

dwapplysourceformatting05

dwapplysourceformatting06

因に、【コードビュー】の左にあるメニューボタンから【ソースコードのフォーマット】ボタンをクリックし、【コードフォーマット設定】を選択すれば、コードでのインデントの使用の有無や、コードの自動折り返し、属性の大文字/小文字等を設定する事が出来ます。


Dreamweaver cs5でタグのクリーンアップする方法

Dreamweaver cs5でタグのクリーンアップする方法。
Webページを作成する過程でどうしても、要らない空タグや重複したタグ等が出来てしまいます。それを放置しておくとトラブルの元になってしまうので、出来る限り要らない空タグや重複したタグ等は削除する様にしましょう。

 

dwcleanuptags01

ドリウィを立ち上げて、適当に作成したファイルを開きます。(ここではXHTMLファイルを開いています)

 

dwcleanuptags02

【コマンド】の【XHTMLのクリーンンアップ】を選択します。(htmlファイルの場合は多分HTMLと出るはず…)

 

dwcleanuptags03

【HTMLまたはXHTMLのクリーンアップ】画面が表示されるので、削除対象の項目を指定して、【OK】ボタンをクリックします。

 

dwcleanuptags04

【結果表示】画面が表示されるので、【OK】ボタンをクリックします。これで、不必要なタグが削除されました。


Dreamweaver cs5でページの背景画像を設定する

Dreamweaver cs5でページの背景画像を設定する方法。
ここではページのhtmlに背景に画像を配置する方法を紹介します。

 

dwbackgroundimageproperties01

dwbackgroundimageproperties02

ドリウィを立ち上げます。【修正】の【ページのプロパティ(command+J)】を選択するか、下部にあるプロパティインスペクタの【ページプロパティ】ボタンをクリックします。

 

dwbackgroundimageproperties03

【ページプロパティ】の画面が表示されるので、【カテゴリ】から【外観(HTML)】を選択します。

 

dwbackgroundimageproperties04

【背景イメージ】の【参照】ボタンをクリックします。

 

dwbackgroundimageproperties05

【イメージソースの選択】画面が表示されるので、挿入画像を選びOKします。ページのプロパティ画面に戻るので、そのままOKします。

 

dwbackgroundimageproperties06

dwbackgroundimageproperties07

背景に画像が表示されました。htmlにもタグが追加されているのが分かります。
背景画像を変更したい場合は、もう一度ページプロパティで設定し直せばOKです。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。