Archive for フォトショ+マウスで描くリアル画

【4】髪の毛を描画する

リアル画の描き方の続き。
【3】目、口などの細部を描画する/2の続き、【4】髪の毛を描画する。

shitae_step42

さて、ようやく髪の毛の描画ですが、この工程はかなりの根気を必要とするので、気合いが必要です。ペンタブが欲しくなる事請け合いです。(笑)

先ず原稿を見ながら上記画像の様に、髪の毛の流れにそってパスを描画します。
新規レイヤーを追加したら『ブラシツール』を選び、ツールオプションバー内の『ブラシプリセットピッカー』でボケ足の出来る『1pix』のブラシを選択、また流量右横にある『エアブラシ機能を有効化アイコン』をクリックし有効化し、『不透明度』と『流量』の数値を『100%』に設定します。
その状態で、先程描画したパスを選択、描画色を焦茶にし、パスパレット下部にある『パスの境界線を描く』をクリックし、パスを描画します。

 

shitae_step43

上記である程度束になるほど描画出来たら、レイヤーパレット上で、キーボードの『optionキー』を押しながら髪の毛レイヤーをクリックして、選択範囲を作成します。その状態で、新規レイヤーを真下に追加します。
描画色を黒にし選択範囲内を、追加した新規レイヤーに塗りつぶします。

 

shitae_step44

黒色の髪の束が出来たらおかしく無い程度に少しずらして、焦茶と黒の混ざった髪の毛にし、二つのレイヤーを統合しておきます。上記画像の様に、統合したレイヤーをパレット下部にある『新規レイヤー作成』アイコンにドラッグして複製します。

 

shitae_step45

複製したら下のレイヤーを選んでおき、メニューバーにある【フィルタ】→【ぼかし】→【ぼかし(ガウス)】を選択します。ダイアログが表示されるので、『半径:2pix』にし少しボカシます。

 

shitae_step46

更に、この二つのレイヤーを統合しておきます。これで、髪の毛のパーツ一つが完成しました。この調子で、パスを描きつつどんどんと形になるように描画していきます。

因に、以前使用してたヴァージョン5.5には、『パスの境界線を描く』のオプションとして描画する時に『フェイド値』を設定出来たんですが…。この『フェイド値』を設定すれば自然な髪先になります。

 

shitae_step47

ある程度のかたまりが出来上がりましたが、まだまだ先は長いですね…。

 

shitae_step48

上記要領で、なんとか描画終了。髪の生え際等の細部調整は、後で全体を見ながら調整をかけるので、この状態でさっさと次の工程に移ります。
因に面倒臭かったので見本とは髪型を変えてます。(笑)

 

【3】目、口などの細部を描画する/2に戻る
【3】目、口などの細部を描画する/1に戻る
【2】肌の部分を描画(モノクロで描画⇒カラー変換)/3に戻る
【2】肌の部分を描画(モノクロで描画⇒カラー変換)/2に戻る
【2】肌の部分を描画(モノクロで描画⇒カラー変換)/1に戻る
【1】下絵の描き方(アナログ下絵からデジタルの下絵まで)に戻る


【3】目、口などの細部を描画する/2

リアル画の描き方の続き。
【3】目、口などの細部を描画する/1の続き【3】目、口などの細部を描画する/2。

shitae_step36

眉毛と睫毛がある程度描き込めたら、次は一番苦手な口部分を描き込んで行くことにします。今回描くアシャンティは口が少し開いているので、目と同様にパスを読み込んで口の中をズボっと切抜きます。
切抜いた後、唇のパスを選択範囲として読み込み、メニューバーにある【選択範囲】→【境界をぼかす(コマンド+option+D )】を選択します。『境界線をぼかす』のダイアログが表示されるので、『半径:5pixel』にし【OK】を選択します。新規レイヤーを追加し、描画色を濃赤茶にし『ブラシツール』で、選択範囲内を描画していきます。

※切抜く時は、上記画像の様にレイヤーの透明部分を保護している場合、必ず透明部分の保護のチェックを外してから削除します。チェックを外さずに削除すると背景色で塗りつぶされてしまうので要注意です。

 

shitae_step37

追加した「新規レイヤー2」にある程度描画出来たら、描画モードを『乗算』にして、『不透明度:80%』に設定します。
更にもう一度、 口の中部分を選択範囲として読み込み、境界を『半径:1pixel』程ぼかして、はみ出した部分を削除し、「肌」と「新規レイヤー2」をチェーンでリンクして、レイヤーを統合させます。
切抜いた部分を見ると心持ち形が歪んでいたので、透明部分の保護のチェックが外れているのを確認してから『指先ツール』で整えます。整え終えたら透明部分の保護をチェックして、ドンドンと描き込んで行きます。

 

shitae_step38

更に、口の中の部分を描画していきます。
描画する歯のパスを選択し、パレット下部にある『選択範囲読込』アイコンをキーボードの『optionキー』を押しながらクリックします。『選択範囲を作成』のダイアログ内で、『ぼかしの半径:1pixel』にし選択範囲を作成します。
次にツールパレットにある『グラデーションツール』を選び、ツールオプションバー内の『反射形グラデーション』を選択します。
この時、描画色を白、背景色を黒にします。 原稿を見て、選択範囲の中で一番明るい場所を選び、ポインタを外側に向かってドラッグしグラデーションを描画します。この要領で、他の歯も全て描画していきます。歯の下地が出来たら後はドンドンと気に入るまで描き込んでいきます。

 

shitae_step39

口の部分をある程度描画したのが上記画像です。

 

shitae_step40

上記画像に、目を描画がした時と同様に、新規レイヤーを追加して白色でハイライトを入れて行きますが、少し艶っぽくしたいので新規レイヤーの描画モードを『オーバーレイ』にします。心持ち艶っぽくなりました。

 

shitae_step41

一応ですが、顔のパーツが全て描画できました。
ようやく人間ぽくなって来ましたが、 まだまだ描き込みが甘いので、これから仕上げていく上で全体のバランスを見ながら調整していくことにします。なので、この状態でさっさと次の工程に移ります。

余談ながら、「何故、描画する時に目や口の中等をズボっと切抜くのか?」と言うと、只単にその方が立体的になり奥行きが出ているように見える気がするし、マウスで描画する時に起こる境界線のはみ出し等を気にしなくて良いからです。

 

次は、【4】髪の毛を描画するへ。

【3】目、口などの細部を描画する/1に戻る
【2】肌の部分を描画(モノクロで描画⇒カラー変換)/3に戻る
【2】肌の部分を描画(モノクロで描画⇒カラー変換)/2に戻る
【2】肌の部分を描画(モノクロで描画⇒カラー変換)/1に戻る
【1】下絵の描き方(アナログ下絵からデジタルの下絵まで)に戻る


【3】目、口などの細部を描画する/1

リアル画の描き方の続き。
【2】肌の部分を描画(モノクロで描画⇒カラー変換)/3の続き、【3】目、口などの細部を描画する/1。

shitae_step29

出来た「肌」レイヤーの下に新規レイヤー「目玉」を追加します。
次に、肌を描画した時と同じ要領で、先ず左目のパスを選択範囲として読み込み、その選択範囲内に上記画像の様なグラデーションを描きます。
今度は右目も同じ要領でグラデーションを描いたら、パレット上部の『ロック:透明ピクセルをロックアイコン』をクリックしロックした状態で、『ブラシツール』でドンドンと描き込んでいきます。
※ここでは、RGBモードのままの状態で描画していきます。

 

shitae_step30

上記画像の様にある程度描き込んだら、キーボードの『コマンドキー』を押しながらパレット上の「目玉」をクリックし選択範囲を作成します。
ここでは、左目と右目は別々に設定するので片方の選択範囲を削除します。ツールパレットにある『選択範囲ツール』を選び、キーボードの『optionキー』を押しながら上記画像の様に、削除する方の選択範囲を囲むようにドラッグします。片方の選択範囲が削除されました。

 

shitae_step31

その状態で、メニューバーにある【フィルタ】→【ノイズ】→【ノイズを加える】を選択します。ダイアログが表示されるので、ここでは『量:19.4%』にし、更に均等に分布を選んで、【OK】を選択します。
※フィルタは数値等を同じにして適用させたとしても、設定した解像度によっては全く違う結果になる事があるので、製作するファイルの解像度に合った適用量を適用させます。

 

shitae_step32

更に、メニューバーにある【フィルタ】→【ぼかし】→【ぼかし(放射状)】を選択します。ダイアログが表示されるので、ここでは『量:60』にし、『方法:ズーム』選んで、【OK】します。
※因に、このフィルタを加えてぼかす描き方は、以前に読んだCG雑誌に掲載されていたもので、管理人はずっと使用させて頂いてたりします。

 

shitae_step33

片方の目を描画したので、もう片方の目も同じ要領で描画したのが上記画像上です。この画像では、分かりにくいかも知れませんが、中心に向かって放射状の線が入っているのが確認できます。
この状態では、目自体に生気が無いので、新規レイヤーを目を描いたレイヤーの上に追加して、上記画像下の様に白色でハイライトを入れて行きます。
一応、上記画像下で目は完成ですが、私の場合、仕上げて行く過程で色々と微調整を加えて行くこと多しです。

 

shitae_step34

次に、眉毛と睫を描画していきますが、私の場合は上記画像の様に、毛を描く為の自作ブラシを作り、カスタムブラシとして登録しています。(自作ブラシの作り方はこちらから
そのブラシを選び、ツールオプションバー内にある『不透明度』と『流量』の数値を微妙に変更しながら描画していきます。ここでは、不透明度が『20%』、流量が『20%』と設定しています。
※因にフォトショには、パレットに表示される初期設定ブラシの他にも、おまけ(?)のようなブラシがたくさん格納されています。それを、パレット上に読込んで使用しても面白い作品ができると思います。

 

shitae_step35

上記画像は、上記のカスタムブラシを使用すると共に、ツールパレットにある『ボカシツール』、『指先ツール』で微調整しながら、睫と眉毛をある程度まで描画したものです。この状態だと、まだまだ描き込めていないので、気に入るまで只ひたすら描き込んでいきます。

 

次は、【3】目、口などの細部を描画する/2へ。

【2】肌の部分を描画(モノクロで描画⇒カラー変換)/3に戻る
【2】肌の部分を描画(モノクロで描画⇒カラー変換)/2に戻る
【2】肌の部分を描画(モノクロで描画⇒カラー変換)/1に戻る
【1】下絵の描き方(アナログ下絵からデジタルの下絵まで)に戻る


【2】肌の部分を描画(モノクロで描画⇒カラー変換)/3

リアル画の描き方の続き。
【2】肌の部分を描画(モノクロで描画⇒カラー変換)/2の続き、【2】肌の部分を描画(モノクロで描画⇒カラー変換)/3。

shitae_step23

上記画像の様に、もう一度チャンネルに戻り、キーボードの『コマンドキー』を押しながらパレット上の「グレーのコピー2」をクリックするか、またはメニューバーの【選択範囲】→【選択範囲を読み込む】を選択し、表示されるダイアログの『チャンネル:グレーのコピー2』と『反転』をチェックするかして選択範囲を作成します。
そして、描画色を「レイヤー2」よりも少し濃い色にして、選択範囲内を塗りつぶし(Option+delete)たら、メニューバーの【選択範囲】→【選択を解除(コマンド+D )】を選び、選択範囲を解除します。
※適用した色の結果が気に入らなければ、『ヒストリー』で戻り、描画色の成分を微妙に変えて納得する色になるまでやり直します。

 

shitae_step24

次に、塗りつぶされた画像を見るとバックも塗りつぶされているので、キーボードの『コマンドキー』を押しながらパレット上の「レイヤー2」をクリックし、メニューバーの【選択範囲】→【選択を反転(コマンド+Shift+I )】を選び、選択範囲を反転しキーボードの『deleteキー』を押して消去します。

 

shitae_step25

一番上のレイヤー「レイヤー3」が選ばれているのを確認してから、パレット上部にある描画モードを『乗算』に変更し、その横の『不透明度:50%』にします。
※ここでは『乗算』を選択していますが、必ずしも『乗算』を選ぶ必要はありません。描画した色によっては、イマイチな結果になる場合もあるので、その都度、臨機応変に描画モードを変えて適用していきます。

 

shitae_step26

更に、新規レイヤーを一番上に作成し、先ほどと同じ要領でチャンネルの「グレーのコピー」を選択範囲として読み込み、描画色をグレーにして塗りつぶします。今度はそのレイヤーの描画モードを『差の絶対値』に変更し、その横の『不透明度:40%』にします。
※ここでも先ほどと同じく色によっては、イマイチな結果になるので、その都度、臨機応変に描画モードを変えて適用していきます。

 

shitae_step27

データ量が重くなるので、「レイヤー2」、「レイヤー3」、「レイヤー4」をチェーンでリンクし統合します。
一番下の「輪郭」をパレット下部の『新規ファイル作成アイコン』にドラッグして複製し、上記画像の様に一番上に移動させます。メニューバーの【選択範囲】→【選択範囲を読み込む】を選択し、表示されるダイアログの「チャンネル:グレーのコピー」と『反転』をチェックして選択範囲を作成し、キーボードの『deleteキー』で消去します。そして、そのレイヤーの描画モードを『焼き込みカラー』に変更し、『不透明度:30%』にします。
この調子で、色を追加したり描画モードを変更したりしながら、自分で良いと思う肌の色にドンドン近付けて行きます。
※ ただし、描画モード等を変更して色を作って行く時は、微妙なグラデが劣化してカクカクとしたモノに成り易いので、拡大表示等で劣化していないか確かめながら色をのせて行きます。一応、劣化を防ぐ為に、それぞれのチャンネルに『ノイズ』をかけたので激しく劣化する事は無いとは思います。

 

shitae_step28

で、↑のような工程を繰り返して、出来あがった肌が上記画像です。
この方法で、描画すると微か輪郭線が出来てしまうので、キーボードの『コマンドキー』を押しながらパレット上の「レイヤー2のコピー」をクリックします。メニューバーの【選択範囲】→【選択範囲の変更】→【縮小】を選び、『縮小量:1pixel(輪郭線の太さによって数値は変わります)』にし、【選択範囲】→【選択を反転(コマンド+Shift+I )】で選択範囲を反転して、『deleteキー』で輪郭線を消去しておきます。
この時点で、一番下にあった「輪郭」レイヤーは要らなくなったので削除しおきます。
次は、【3】目、口などの細部を描画する/1へ

【2】肌の部分を描画(モノクロで描画⇒カラー変換)/2に戻る
【2】肌の部分を描画(モノクロで描画⇒カラー変換)/1に戻る
【1】下絵の描き方(アナログ下絵からデジタルの下絵まで)に戻る


【2】肌の部分を描画(モノクロで描画⇒カラー変換)/2

リアル画の描き方の続き。
【2】肌の部分を描画(モノクロで描画⇒カラー変換)/1の続き、【2】肌の部分を描画(モノクロで描画⇒カラー変換)/2。

shitae_step14

ツールパレットの『ブラシツール』と『ぼかしツール』、またはメニューバーの【フィルタ】→【ぼかし】→【ぼかし(ガウス)】(上記画像の様に、ぼかし(ガウス)のダイアログが表示されるので、ボカシのpixel数をスライダを動かしながら丁度よい数値にします)を使用して描画したのが上記画像です。
少し立体的になってきているのが分かります。この調子で、ある程度の形になるまでどんどんと描き込んでいきます。
※因に、この状態で目の白い部分を新規レイヤーに描画しました。

 

shitae_step15

上記画像のように、ある程度形が整ったら「目」と「レイヤー1」以外のレイヤー全てをチェーンでリンクした状態で統合(ここでは「輪郭」とします)し、「レイヤー1」を墨ベタ100%で塗りつぶし保存します。
そして更に、失敗した時の事を考えて、同じデータを別名でも保存しておくことにします。次に、キーボードの『コマンドキー』を押しながらパレット上の「輪郭」をクリックして選択範囲を作成します。
因に、モノクロ1色で描きあげる時は、カラーに変換する必要がないので、下記画像のようなマスク版を作って~という邪魔臭い作業はしません。ただひたすら仕上がるまで描き込んでいくのみです。

 

shitae_step16

「目」レイヤーを非表示にしチャンネルパレットを表示します。
パレットの一番上にある「グレー」チャンネルを、パレット下部にある『新規チャンネル作成』アイコンにドラッグして上記画像のように3つ程複製します。
更に、複製した一番上の「グレーのコピー」を選んだ状態で、メニューバーの【イメージ】→【色調補正】→【トーンカーブ(コマンド+M )】を選択します。

 

shitae_step17

『トーンカーブ』のダイアログが表示されるので、上記画像のように適当にカーブを触って、画像の色を飛ばします。
※ただし、あまり起伏の激しいカーブを設定すると、描画したグラデが劣化してカクカクとしたモノになるので気を付けて設定します。

 

shitae_step18

先ほど気を付けてカーブを設定して色を飛ばしましたが、やはり拡大表示すると元の滑らかなグラデーションが劣化しいるのが確認できるので、メニューバーの【フィルタ】→【ぼかし】→【ぼかし(ガウス)】を選び、適当に半径のスライダを移動させ、劣化が目立たない程度にボカシます。
※ただし、あまりボカシ過ぎないように気を付けて設定します。

 

shitae_step19

次に、メニューバーの【フィルタ】→【ノイズ】→【ノイズを加える】を選びます。
ダイアログが表示されたら、上記画像のように、量のスライダを適当に動かし、『分布方法:均等に分布』を選択、『グレースケールノイズ』にチェックをして【OK】します。
※ただし、あまりノイズをかけ過ぎないように注意します。
フィルタは数値等を同じにして適用させたとしても、設定した解像度によっては全く違う結果になる事があります。ファイルの解像度に合った適用量を適用させてください。

 

shitae_step20

「グレーのコピー」の設定が終わったので、今度はその下にある「グレーのコピー2」を上記画像と同じ要領で設定しますが、『トーンカーブ』のみ上記画像のように設定を変更して陰影を濃くハッキリとさせます。
そして、一番下にある「グレーのコピー3」は、他のチャンネルとは違いノイズだけを加えておきます。 選択範囲はまだ解除しません。

 

shitae_step21

レイヤーパレットに戻り、メニューバーの【イメージ】→【モード】→【RGBカラー】を選びます。その時、左画像の様に警告が出るので、【統合しない】をクリックします。
※RGBモードで作りますが、CMYKモードに変換しても極端に色が変わらない様に、メニューバーの【ビュー】→【校正(コマンド+Y )】でCMYKプレビューにして作業をしていきます。こうして作業すればモード変換時の色調補正がある程度楽になります。

 

shitae_step22

新規レイヤーをパレットの一番上に追加し、描画色を薄い肌色にしアクティブにしたままの選択範囲内を塗りつぶしたら、メニューバーの【選択範囲】→【選択を解除(コマンド+D )】を選び、選択範囲を解除します。
次に、一番下の墨ベタで塗りつぶした「レイヤー1」を背景色の白で塗りつぶした後、左画像の様に元の「輪郭」を一番下に移動させます。
※因に、描画色で塗りつぶす時のショートカットは『Option+delete』、背景色で塗りつぶす時のショートカットは『コマンド+delete』です。

 

次は、【2】肌の部分を描画(モノクロで描画⇒カラー変換)/3へ

【2】肌の部分を描画(モノクロで描画⇒カラー変換)/1に戻る
【1】下絵の描き方(アナログ下絵からデジタルの下絵まで)に戻る


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。